ホーム>WORKS BLOG>2010年12月

2010年12月

三菱 レグナム EC-5W フリップダウンモニター取り付け

こんばんは、今回ご紹介のお車は三菱レグナムにフリップダウンモニターの取り付けです。横浜市港北区へ出張して参りました。

このお車はリピーターのお客様で以前、ナビゲーション等、色々お世話をさせて頂いた車です。

今回取り付けるtvフリップダウンは会社の同僚からのbirthday誕生日プレゼントなのだそうです。shine微笑ましいお話です、優しい同僚に囲まれて羨ましいですね

本題ですが、とりあえずいつもの通り外せるものは取り外して、屋根内張りを抜いてしまいます

MI_legnum_flip.JPG

がらんどうですね、鉄板丸出しです

MI_legnum_flip (1).JPG

今回取り付けの位置が絶妙に『梁』の通っている位置とジャストフィットです。そのまま借り組みしてみます。

MI_legnum_flip (3).JPG

問題無さそうなので内装を組んで行き、完成です

MI_legnum_flip (4).JPG

車種によっては屋根を下ろすなど、ここまで大袈裟にしなくても取り付け可能な車種も御座います。

 

メルセデスベンツ S320(W220) ナビゲーション取り付け

こんばんわ、今回はメルセデスベンツ S320(W220)にナビゲーションの取り付けのご紹介、町田市まで出張して参りました。

MB_W220S320_navi.JPG

早速純正のシステムを取り外します、新しく取り付けるナビゲーションはカロッツェリアの楽ナビです

MB_W220S320_navi (1).JPG MB_W220S320_navi (2).JPG

途中経過の写真が残っていなかったのですが割りとスムースに進み完了

MB_W220S320_navi (3).JPG  MB_W220S320_navi (5).JPG

さてSクラスは今回のS320は問題ありませんが、S500やS600は『BOSEサウンドシステム』が搭載されている為、今回のように簡単には行きません。

後日S500の作業でご紹介しますが、BOSEアンプへの配線をバイパスしたりと大変大掛かりなものとなります。

所要時間は12時間ほどです。

メルセデスベンツ MLクラス(W163) ナビゲーション&ヘッドレストモニター取り付け

こんばんわ、今回ご紹介はメルセデベンツ MLクラス(W163)へナビゲーションとヘッドレストモニターの取付けです

世田谷区へ出張取り付けにお伺いいたしました。

MB_W163ML_navi_headrest.JPG

ナビゲーションはパナソニックのストラーダです。

MB_W163ML_navi_headrest (3).JPG MB_W163ML_navi&headrest (1).JPG

ヘッドレストモニターはレザーシートの車ですと後ろがこのようにカバーで外れる事が多く、割と作業がし易いんです。

配線はもちろんカーペット内に引き込むので、シートを前後させるだけの余裕を持たせるだけの分が露出するだけなので

でほとんど見えることはありません

MB_W163ML_navi&headrest (4).JPG

シートの裏に書いてある文字pencil私が書いたわけではないですよsweat01

そして完成ですgood

MB_W163ML_navi&headrest (5).JPG

LAGREAT (ラグレイト) RL1 ナビゲーション&モニター取り付け

こんばんはnight 本日ご紹介のお車はホンダ ラグレイト(RL1)にオンダッシュナビゲーションと追加モニターの取付けです。西東京市へ出張して参りました

ラグレイトは北米向けに生産されたミニバンのフラッグシップモデルですね、向こうではオデッセイの名前で発売されていました。

昔欲しかったなぁshine

H_raglait_navi&moni.JPG

では本題です、純正のナビ付き車でケンウッドのオンダッシュHDDナビの取り付けとなりますH_raglait_navi&moni (1).JPG H_raglait_navi&moni (2).JPG

純正のナビゲーションは助手席下、ここから車速信号を頂きます。

H_raglait_navi&moni (4).JPG

センターにナビのオンダッシュモニター、運転席右側に追加でオンダッシュモニターの設置です。

H_raglait_navi&moni (5).JPG

ナビ本体はフロント座席間にお客様自作?のセンターBOXに取り付け、きれいに出来てますね。いい腕してらっしゃいます。

H_raglait_navi&moni (7).JPG

HONDA ODYSSEY(オデッセイ)RB1 フリップダウンモニター取り付け

今回ご紹介はオデッセイRB1にフリップダウンモニターの取付けです、杉並区まで出張して参りました。

ご覧の通りrain雨の時の作業でした、この手の作業は原則雨天では中止なのですが一応ガレージがあるということでしたので決行rock

H_odyssey_flip.JPG

海外製品のモニターなので取り付けキットを使わない為、とりあえず屋根内張りを下ろす所から開始

これも!

H_odyssey_flip (2).JPG

これも!

H_odyssey_flip (3).JPG

外せる物は全て外します、そうすると下りてきました

H_odyssey_flip (1).JPG

そして抜ける車種は抜いちゃいます!

H_odyssey_flip (4).JPG

抜くとこんな感じです、あまりこういう景色eye見ること無いですよね~

H_odyssey_flip (6).JPG

いよいよ木材でベースを作ります、ここにフリップダウン付属のステーを打ち込んでモニターを固定するわけです。

こうする事により確実に固定できます。

この作業入念にネジの長さangryを確認しながらの取付けです、間違ったら・・・屋根の鉄板に穴が開いてしまい大変な惨事になってしまいます

H_odyssey_flip (7).JPG

ここから屋根内張りを戻しつつ内張りにも切れ込みを入れていきます

配線はAピラーを通ってセンターの純正ユニットまで這わせます

H_odyssey_flip (9).JPGH_odyssey_flip (10).JPG

センターのユニットを外すのも少々ホンダ車は面倒な傾向がありますsweat02

H_odyssey_flip (12).JPG

ほとんどの純正ナビは映像をモニターへ出力するコードが元々無いので別途部品を用意する必要が有ります。

データシステム社さんが一番有名ですね http://www.datasystem.co.jp/

オートバックスさんなどの量販店で大体常備販売しています

H_odyssey_flip (14).JPG

そしていよいよ完成!映像が無事に映りましたtv

ちなみに・・・今回ご紹介した作業は以前にも触れましたがHPリニューアルの為過去に遡ってご紹介しています。

その為当時はまだマイナーな作業で手探りだった為、ここまで大袈裟に部品を外して作業しましたが現在はここまでやらなくても

取り付けできる車種もあります。

ブログ記事検索

loading...
ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH