ホーム>WORKS BLOG>2019年10月

2019年10月

AHR20 エスティマハイブリッド MOPナビ→社外ナビ化 東京都大田区 出張 取付

引き続きのご紹介はAHR20 エスティマハイブリッドの作業となります18年12月登録の前期モデルとなります

メーカーオプションナビ(MOPナビ)から社外ナビ化のご依頼です、基本的に社外ナビ化が出来ないと言われているのですが、弊社ではこの作業は実績がいくつもあり可能なのですが、前期、中期、後期、11スピーカーのパノラミックスーパーライブサウンドシステム仕様と6スピーカーのパノラミックライブサウンドシステムの種類があり

http://cdn.toyota-catalog.jp/catalog/pdf/estima-1-c/estima-1-c_200601.pdf

数少ない施工可能な業者さんも様々な方法を取っている様で実はどれが正解なのか?未だに模索です

20191019134726.JPG

事前にお客様とは何度もメールにて打ち合わせさせて頂きましたが、事前に頂いた情報ですとパノラミックライブサウンドシステムとお聞きしておりましたが作業当日実はパノラミック『スーパー』ライブサウンドシステムで有る事が発覚しました、スーパーが付くか否かにより大きく作業、お見積もり工賃も変わってきますので大きな問題となりますのでお気をつけください。

20191019133454.JPG

2019101913357.JPG

純正のフリップダウンモニターが付いており更にムーンルーフ仕様です

20191019133520.JPG

取り付けるナビはカロッツェリアのAVIC-RL910 8インチ画面のモデルです

20191019133531.JPG

フリップダウンモニターはALPINEのPXH10S-R-B

20191019133544.JPG

車種別のフリップダウンモニター取付金具は京都のMACH1さんhttp://www.mach-1jp.com/ の金具を使用いたします

20191019133556.JPG

今回8インチのモデルをつけますがカロッツェリアでは前期用の8インチパネルキットはラインナップにありません、その為当時のトヨタ純正の8インチパネルを中古でご用意した頂きました、大変レアなものでヤフオクでたまたま出品されていたようです、取付金具も付属しておりました

20191019133615.JPG

ドライブレコーダーはKENWOODのDRY-830と駐車監視用の電源コードCA-DR100を使用します

20191019133628.JPG

純正のフロントカメラ

20191019133939.JPG

サイドカメラ

20191019133954.JPG

リアカメラ(バックカメラ)が備わっております

2019101913409.JPG

今回この純正のF、S、Rカメラを全て生かすためにデータシステム社製のカメラアダプターをお客様にアドバイスご用意いただきました

マルチカメラスイッチャーCSW294https://www.datasystem.co.jp/products/csw294/index.html オプションのCSW001、マルチカメラ接続アダプターMCA036Thttps://www.datasystem.co.jp/products/c_adapter/01_mca.htmlの3点を組みあわせて生かします

但し前期にしか使えませんのご注意ください

20191019133730.JPG

今回純正のバックカメラは画質が悪い為、カロッツェリアのND-BC8Ⅱに交換いたします

2019101913382.JPG

フリップダウンとの接続はHDMI接続にする為ミニHDMIに変換するCD-HM110もご用意いただきました

20191019133645.JPG

その他に必要なのは今回のAVIC-RL910はメインの電源カプラーが別売りの為RD-N002、ステアリングリモコンを再使用する為のKJ-Y101SCもご用意

20191019134541.JPG

ではここからは作業開始となります、未だ模索状態と言う事もありまずは一度純正MOPナビを脱着状況判断いたします

20191019133849.JPG

ナビ裏にはトヨタの10P+6Pコネクターは存在しません

20191019133859.JPG

20191019133911.JPG

状況だけ確認したらバッカメラの作業から開始

20191019134034.JPG

純正カメラのブラケットを利用して出ずらも丁度良い感じです

20191019134045.JPG

カメラの配線を引き回したところでフリップダウンモニター作業へ移行

20191019134057.JPG

今回マッハワンさんの取り付けキットを使う予定でしたが、適合的には純正フリップダウンモニターが付いていても取付可能と言う事でしたが

写真で見る金具を外さなければ使用できない様です、ところがこの金具を外すにはルーフライニング全体を外さなければ無理の様でした・・・

そうなると大変大掛かりになる為、マッハワンさんのキットの中に含まれているALPINEの汎用金具だけを利用して、いわばワンオフ取り付けに変更となりました、マッハワンさんには申し訳ない記事となりますが今回の場合はマッハワンさんのキットは不要でALPINEで発売されている汎用金具だけあれば可能ですhttps://www.alpine.co.jp/products/accessory/kit-perfect-rv

 

20191019134112.JPG

20191019134133.JPG

20191019134145.JPG

2019101913422.JPG

しかし弊社過去ブログでもご紹介しておりますが、このエスティマに限りですがカロッツェリアのフリップダウンの場合は金具類一切不要で取り付け可能です 参考過去ブログ http://www.sunrise-garage.net/blog/2018/04/20-mop.php

20191019134216.JPG

あまり目立ちませんがモニターのコネクターの逃げ道がどう頑張っても無い為、ルーフライニングの一部に盛り上がりが出来てしまいますがお客様は妥協できる範囲だとおしゃっていただきました

20191019134230.JPG

続いて助手席を外して上記でご紹介したデータシステム社製のカメラアダプター3種を組み合わせて設置します

スーパーライブサウンドのアンプ、地デジチューナーも同じところに埋まっております

20191019134247.JPG

2019101913434.JPG

サウンドシステムの配線を組み替えて完了です

但しスーパーライブサウンドの場合フロントドアスピーカー、ツイーター、センタースピーカー、リアスピーカー、天井に埋め込まれているエキサイター計11個スピーカーが有りますが全てを鳴らすことは出来ませんのでお気をつけください

今回鳴らすことが出来たのは前後左右スピーカーとドアの左右ツイーター計6個となります、センタースピーカー、エキサイターは鳴りません

外部アンプなどを組みまわせてシステムアップすれば全て鳴らすことも出来ますが今回のユーザー様は特にこだわりが無いと言う事で納得されました

20191019134337.JPG

20191019134520.JPG

20191019134354.JPG

バックカメラ映像です

20191019134410.JPG

上記データシステムの『CSW294』のスイッチを押すごとにサイドカメラ、フロントカメラとも切り替わります、バック時でなくても操作により全てのカメラを切り替え映し出すことが可能です

20191019134425.JPG

20191019134442.JPG

20191019134455.JPG

 

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

カイエン 958型 ヘッドレストモニター&ドライブレコーダー 川崎市 出張取付

お久しぶりのブログアップとなります、本日のご紹介は2015年式 958型 後期 ポルシェカイエンの作業となります、近所のガリバーさんからのご依頼です

20191019124230.JPG

今回純正のナビにヘッドレストモニターの接続をしますが、ポルシェはClarion社製のナビを使用しております

一般売りモデルと同じですのでAV入出力端子が既存では存在しない為、別途AVケーブルをご用意して頂く必要が有ります

20191019123940.JPG

2019101912403.JPG

20191019124026.JPG

20191019124043.JPG

取り付けるモニターはカロッツェリアのTVM-PW900T 左右同梱モデルです

20191019124058.JPG

配線もほとんど見えなくなりますのでスマートに仕上がりますね

20191019124143.JPG

20191019124156.JPG

同時にドライブレコーダーを取り付けて完了です

2019101912429.JPG

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

ブログ記事検索

loading...
ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH