ホーム>WORKS BLOG>SERVICE LINEUP>Car illumination

Car illumination

Audi A6 (アウディA6)HID、PND、カメラ他多数取り付け

こんにちは、本日のご初回はAudi A6(アウディA6) GH-4FAUKS (C6) への多数取り付けのご紹介です、リピーターのS様からのご依頼で久々に東京都昭島市へ出張取り付けにお伺いいたしました。

2016117115719.JPG

純正マルチシステムMMI搭載車となります

2016117114430.JPG

取り付けは多数となります、フォグHID、ヘッドライト純正バーナー交換、セルスターのレーダー『VA-710E』&ドライブレコーダー『CSD-500FHR』、ポータブルナビゴリラ『CN-GP755VD』、バックカメラ『CY-RC90KD』となります

2016117114455.JPG

まずはライト関連から開始です、バンパーの脱着から開始いたします

201611711457.JPG

バンパーを取らないとヘッドライトのバーナー交換が出来ません、みんカラなどで一般ユーザーさんの記事などを見るとエアクリーナーなどを外してつける方もいるようですがむしろ大変ですし、そんなところ触りたくないです(笑)

今回はFOGへの施工もありますので尚更バンパー脱着が効率的です

2016117114523.JPG

フォグASSYを外して、バーナーを組み込みます

2016117114535.JPG

2016117114548.JPG

裏ぶたにホールソーで穴を開けてコーキング処理を致します

201611711463.JPG

2016117114614.JPG

バラストの固定も可能な限りビス固定いたします

2016117114629.JPG

201611711474.JPG

同時にヘッドライトASSYを外してバーナー交換いたします、少々見づらいですがポジション球も同時交換したのですが、まさかのキャンセラー別体式・・・これ非常に大変なんです、キャンセラーはメタルクラットと呼ばれるものでこれ自体が抵抗となり車両のコンピューターを騙す訳ですが電球の代わりみたいなものなので高温で触れない位になります、従いまして何処でも設置できるものではありません、たまたま持っていたマフラーなんかに巻く断熱シート(中央のシルバーの物体です)を巻いてヘッドライトASSY内に設置しました

2016117114642.JPG

ライト周り完成です

2016117114737.JPG

続いてバックカメラに取り掛かります

2016117114810.JPG

A4などの作業の経験上Audiに有りがちなのですが、構造上ナンバーを一度外さなければナンバー灯ASSYが外せない可能性が有る為作業時にナンバー封印を破る可能性が有ることを予め見積もり段階でS様にはお伝えしておりましたが、予想通りでした封印はお客様ご自身で陸運局で再封印手続きをお願いしております。

2016117114849.JPG

ナンバーと言うよりも欧州車に有りがちなのですが、欧州車のナンバービスと日本のナンバービスの幅が違うため調整するためのベース板のようなものが厚み1㎝位ある為これが邪魔をしてナンバー灯ASSYが外れないのです

2016117114920.JPG

カメラ自体はこのように取り付け完了です

201611711548.JPG

カメラ線をヒンジ部を伝って室内に引き込み車両前方へ引き込みます、Audiの記事の時はいつも書くのですが、本当にAudiの内装は面倒です、普通の車の1.5倍~2倍位時間を要します

2016117115034.JPG

漸くカメラ線をフロントに回したら、いよいよPND(ポータブルナビ)、レーダー、ドライブレコーダーの配線作業を開始いたします

2016117115135.JPG

電源は過去の経験からヒューズボックスから取ります

201611711525.JPG

2016117115230.JPG

またAudi BMW VWなど昨今輸入車はバック信号が微弱(パルス??)の為リレーを噛ませてあげないとカメラがうまく映りませんので同時に施工していきます

2016117115245.JPG

レーダーとドライブレコーダーはリンク可能な機種でドライブレコーダーの画像が映ります

2016117115310.JPG

2016117115325.JPG

PNDの工程は割愛いたしますが、バックカメラ画像が無事映りました

2016117115349.JPG

ここで全て完成と言いたいところですが、デイライトがこの時無かった為、後日改めてデイライトだけの作業でお伺いいたしました

201611711571.JPG

デイライトって意外と大変なんです、エンジンをオンにした際に流れる電源を探さなければならないのですが往々にしてエンジンルームにそのような配線は意外と見つからないのです、むやみに配線の束から分岐するのも怖いですし・・・

何に使われているかわかる配線を探さなければなりません、基本的になければ室内から引き込まなければなりませんが今回ヘッドライトASSYに刺さっているカプラーからそれが見つかりました、光軸調整か何かでしょうか?詳しくわからなくてもヘッドライト内の電源ですので心配は要りません。

2016117115521.JPG

手を突っ込んでカプラーを一度下に引っ張り出して電源を取ります

2016117115536.JPG

2016117115551.JPG

完成です、バンパー外さないで施工出来て良かったです!

2016117115630.JPG

2016117115644.JPG

W220 メルセデスSクラス テールランプ交換&LEDロゴランプ取り付け

引き続きのご紹介はW220 メルセデスSクラスのご紹介ですリピーターのF様からのご依頼でお隣川崎し宮前区まで出張でお伺いいたしました

作業内容はW221風テールランプASSY交換、光るトランクエンブレム、LEDロゴランプの取り付けです

まずはテールランプから開始です、何処かのショップのオリジナル加工品の中古だそうです

201618134221.JPG

20161813637.JPG

テールランプASSYを外すこと自体は特段難しくは有りません

20161813650.JPG

問題は新しいテールに付属しているこのゴールドの物体、これはLED化することにより警告灯が付いてしまうためのキャンセラーでメタルクラットと呼ばれるものなのですがこれが非常に熱を持つため樹脂部など溶けたり燃えやすいものに触れさせてはいけないので固定方法を考えなければなりません、また厄介なことにショップがオリジナルで作っている為か適当で何故かメタルクラットだったり、無い場合はそのまま電球をキャンセラー代わりにしているのでこの固定も困ります、こういうカスタムショップはいい加減な作業をするところも一部ありますね。

2016181377.JPG

20161813727.JPG

メタルクラットはステーを噛ませて固定しました

20161813741.JPG

キャンセラー代わりの電球はうまく配線を固定してぶら下げる形にして、マフラーなどに巻く耐熱テープを被せて内装に接触しないようにしました。

20161813759.JPG

反対側は固定方法は違いますが内装に触れないように固定いたしました

20161813815.JPG

完成です、警告灯も点きません

20161813829.JPG

続いてトランクのブラバスのロゴマークをELで光る商品と入れ替えます

20161813850.JPG

まずは両面テープで付いているものを取り外します

2016181397.JPG

続いてこのELバックプレートの付いたロゴを取り付けます

20161813922.JPG

リベット打ちでベースを固定するのですが、取り付け穴が合いません・・・・仕方ないのでドリルで穴を開けなおして、リベット止めです

20161813939.JPG

完成です、昼間の施工なので光っているのは見えませんが・・・青白く光ります

20161813955.JPG

続いてLEDロゴカーテシランプの取り付けです

20161813109.JPG

このような筒状の部品をドア下に埋め込んでドアが開くとプロジェクターのように映し出された好みのロゴが地面に映し出されると言う商品です

201618131028.JPG

純正のカーテシランプに穴を開けて固定いたします

201618131044.JPG

元々カーテシランプが有る場合は配線的には楽ですが、無い場合は室内のルームランプなどのカーテシ配線から引き込まなければならないので非常に大変です

201618131059.JPG

 

プジョー206CC ヘッドライトASSY交換&HID、エンブレムELプレート

今回のご紹介はプジョー206CCの施工です東京都狛江市まで出張取り付けにお伺いいたしました

社外のヘッドライトASSY交換及びHIDキットの施工とグリルエンブレムの裏に挟み込むELプレートの取り付けです

ヘッドライトASSYごと社外に交換ですのでまずはグリル脱着をして顔面を取り外します

2015112155953.JPG

HIDキットの中にリレーハーネスが同梱されていましたのでリレーをヒューズBOX内のB+と接続します(キットにもよりますがプジョーはほとんどリレー無しでも大丈夫なことが多いです、308辺りは必要です)

201511216058.JPG

裏ぶたにホールソーで穴を開けて配線を引き出します

201511216145.JPG

ついでにポジションランプの電球から分岐してフロントグリルのエンブレムの間に挟むプレートを取り付けます、恐らくELで光る感じです、少々クヲリティが低いようで両面テープも粘着が弱く商品自体が反ってしまっていていつ外れるか心配な感じでした

201511216212.JPG

完成です

201511216244.JPG

マットブラックにオールペイントでカーボン調ボンネットとさわやかなプジョーらしからぬ意表をついたカステムで個人的にはカッコいいと思ってしまいました。

20151121632.JPG

スバル BRZ アンダーLED取り付け

引き続きのご紹介はスバル BRZにアンダーLEDテープの施工です。

LEDテープはボディ両サイドの腹下に設置致します、この手の施工は面数が増えるごとに工賃を割引させて頂いております

※LED、ネオン管などの車外への施工の場合の免責事項のお願い

アンダーネオン管、LED管などの取り付けに関しては出来る限りの脱落防止策は行いますが、車体腹下という過酷な場所に設置する為
作業保障外とさせて頂きます。

http://www.sunrise-garage.net/contents/qa/

201591820563.JPG

さて本題ですが、取り付ける場所は腹下、ジャッキアップポイント辺りのラインに十分脱脂をして取り付けます、要所要所に脱落防止策でクリップで固定いたします。

問題は配線を車内に引き込む通り道を探すのに苦労いたしました・・・

2015918205439.JPG

丁度ジャッキアップポイントになる溶接部のラインで一箇所だけ隙間があるところがありました、ここから通すことが出来ます、配線は見ての通りある程度丸見えになりますのでクリップ止めを致します

201591820550.JPG

この様な感じです

2015918205516.JPG

電源元はフォグと連動になっています

2015918205531.JPG

エスティマハイブリッドHID&リアリフレクター、カローラフィールダーナビゲーション取付

引き続きのご紹介はリピーターのT様より御連絡頂きエスティマハイブリッドのフォグにHID取付及びLEDリアリフレクターの取付とNZE161Gカローラフィールダーにナビゲーション取付の作業を同時に頂きました

横浜市瀬谷区へ出張取り付けにお伺いいたしました

T_collora&estima_瀬谷区 (1).JPG

まずはエスティマハイブリッドから開始です

T_collora&estima_瀬谷区 (12).JPG

ジャッキアップして下からのアプローチをし易いように致します

T_collora&estima_瀬谷区 (2).JPG

取り付けるキットはお客様が御用意していただいたものです

T_collora&estima_瀬谷区 (3).JPG

バラストはステーできちんと固定いたします

T_collora&estima_瀬谷区 (4).JPG

完成です

T_collora&estima_瀬谷区 (5).JPG

続いてリアののLEDリフレクターの作業です、バンパー脱着が必要でした

T_collora&estima_瀬谷区 (6).JPG

T_collora&estima_瀬谷区 (7).JPG

ラゲッジルーム脇のバッテリールームの奥から配線を引き込みますギボシ配線をして車検時に点灯しないように致します

T_collora&estima_瀬谷区 (8).JPG

テールランプを外した側からの写真です

T_collora&estima_瀬谷区 (9).JPG

完成です

T_collora&estima_瀬谷区 (10).JPG

続いてカローラフィールダーへナビゲーションを取り付けます

T_collora&estima_瀬谷区 (11).JPG

取り付けるナビゲーションはパナソニックの『CN-R300WD』です

T_collora&estima_瀬谷区 (13).JPG

インパネを外してバラバラに致します

T_collora&estima_瀬谷区 (14).JPG

途中は割愛させて頂きますが地デジアンテナ、GPSアンテナ等を施工して完成です

T_collora&estima_瀬谷区 (15).JPG

i-PodコードはグローブBOX内に引き込みました

T_collora&estima_瀬谷区 (16).JPG

ブログ記事検索

loading...
ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH