ホーム>WORKS BLOG>SERVICE LINEUP>Monitor

同乗者やお子様を飽きさせない為に昨今では追加モニター類は必須アイテムとなりました。
種類は豊富でフリップダウンモニター、ヘッドレストモニター、バイザーモニター、ミラーモニターがあります、

中でもフリップダウンモニターは車検の心配も無く一番人気です。
国産メーカーですとALPINEがシェアを占めており、国産の人気車種であれば車種別専用の取り付けキットが存在しスマートに取り付けが出来ます。
専用取り付けキットを使用して施工する場合作業時間も短縮できる為工賃も割安で承る事が出来ます。
車種別専用取り付けキットの無い車種や海外製品のフリップダウンモニターを使用する場合も御安心ください、木材や鉄板の台座をオリジナル作成して施工いたします

※オリジナル台座作成の場合サンルーフ付き車には施工できませんのでお気をつけ下さい 。
※一部の輸入車で物理的にオリジナル台座作成での取り付けが出来ない場合もございます。

Monitor

オデッセイ RB1 ヘッドレストモニター多数取り付け

続いてのご紹介はRB1 オデッセイにヘッドレストモニター6基取り付けのご紹介です

2017713184614.JPG

毎度必ずモニター作業の際は記載しておりますが、この手の中華製モニターは電波干渉が多く、地デジ付きのお車は地デジがワンセグ化してしまったり、最悪のケースはナビのGPSに干渉して自社位置が狂う事が多々ございますので十分ご注意ください。

2017713184442.JPG

配線はもちろんカーペット下を這わせていきます

2017713184454.JPG

車検には通りませんので接続部はお客様が外せるように見えるところに出しておきます

201771318457.JPG

純正には映像の出力は備わっていない為データシステム社製のVHO-H21が必要ですhttps://www.datasystem.co.jp/products/vharness/index.html

2017713184521.JPG

純正ナビを引き出しVHO-H21を接続します、この時走行中TVキットが付いていないとヘッドレストモニターでも走行中見れないのですが、このVHO-H21にその解除線も同梱されています

2017713184534.JPG

映像分配器をしようして分岐します

2017713184548.JPG

完成です3列6基は目立ちますね ※3列目だけヘッドレストの『足』の幅が狭く選択するモニターによっては片足だけで固定の場合もございます

2017713184559.JPG

BMW X5 E53 地デジ+オンダッシュモニター取り付け

本日のご紹介はリピーターのM様からのご依頼でBMW X5 E53に地デジチューナーとオンダッシュモニターの取り付けで鎌倉市まで出張取り付けにお伺いいたしました

実は同じ内容で今回で2台目です http://www.sunrise-garage.net/blog/2014/08/bmw-x5-e53-hid.php

※ブログアップの時期が前後してしまいました

2017713181939.JPG

純正ナビ付きですが外部入力が無い為別途オンダッシュモニターと地デジを付けます

2017713181316.JPG

音声はFMモジュレーターを使って入力しますので主要機器はトランク内にある為こちらから接続していきます

2017713181333.JPG

チューナーはカロッツェリアのGEX-909DTVです

2017713181350.JPG

こちらのFMモジュレーターを使用しますFMトランスミッターに比べてダイレクトにFMアンテナに挟み込むのでノイズが入りません

201771318147.JPG

アンテナの企画が異なる為オスメスのそれぞれ用意します

2017713181440.JPG

トランク内の機器の隙間にセットします

2017713181854.JPG

2017713181910.JPG

FMモジュレーターからRCAケーブルを前方へ引き回し地デジチューナーとパナソニックのモニター(別体アナログチューナータイプ)の配線を処理していきます

2017713181458.JPG

フロアカーペット下に隠します

2017713181525.JPG

こちらはのステーはこちらですA/tack社製ですhttp://soundhonpo.com/product/stand/at-405.html

2017713181544.JPG

エアコングリルにステーを挟むための切り欠きを入れます

201771318161.JPG

ダッシュボード側にも同じように切り欠きを入れます

2017713181617.JPG

配線を通す穴も考えての切り欠きです

201771318170.JPG

地デジチューナーはセンター下の隙間に埋めました

2017713181642.JPG

完成です

2017713181719.JPG

マークX Zio フリップダウンモニター、レーダー取り付け

本日のご紹介はマークX Zioにフリップダウンモニターとレーダーの取り付けのご紹介です

横浜市都筑区へ出張取り付けにお伺いいたしました

201771092236.JPG

まずはフリップダウンモニターですが車種別取り付けキットは存在しない為、実車を観察してオリジナルで取り付けます

201771092015.JPG

モニターはALPINEのTMX-R3000Sです

201771092027.JPG

別途ご用意いただいたALPINEの汎用金具を使って型取りいたします、勿論事前に屋根の裏の隙間からおおよその『梁』の位置を確認してから位置決めを致します

201771092039.JPG

カットすると『梁』が出て来ますのでここを中心に金具を固定いたします

201771092052.JPG

ナビを取り出し映像出力線、電源線を引き出します

20177109214.JPG

ついでにミラー型レーダー『comtec社製 ZERO 53M』も電源を取り進めていきます

201771092139.JPG

完成です

201771092156.JPG

横から見ても位置も見易いところに設置出来たと思います

201771092210.JPG

201771092222.JPG

VOLVO S60 前後カメラ+モニター、レーダー取り付け

引き続きのご紹介はボルボS60にフロント&バックカメラ、ミラーモニター、レーダーの取り付けです

2017621173543.JPG

2017621173227.JPG

トランクパネルを見ると恐らくここが純正位置なのかな?っていう場所が有りましたのでここに設置する事としました

2017621173240.JPG

カメラはパナソニックのCY-RC90KDです

2017621173252.JPG

トランクルームから室内に配線を引き込んで前方まで回します

201762117334.JPG

カメラはこのような感じで付きました

2017621173318.JPG

続いてフロントカメラはKENWOODのCMOS-310です

2017621173352.JPG

バルクヘッドから引き込む際に構造が厄介でパネルなどを分解しての引き込みでした

2017621173335.JPG

ステアリングシャフトの横から無事引き込めました

2017621173410.JPG

バックカメラ、フロントカメラの線が集まったら、ミラーモニターレーダー用の電源を取り全てを繋げていきます

2017621173424.JPG

2017621173435.JPG

バックミラーモニターにバックカメラの映像を映し、フロントカメラの映像はレーダーの外部入力へ接続致しました

2017621173450.JPG

フロントカメラはナンバー下のアンダーグリルに挟み込むように設置いたしました

201762117358.JPG

2017621173528.JPG

BMW X3 E83 追加モニター取り付け

こんにちは本日のご紹介は先日ご紹介したX3 E83のお客様からの再度ご依頼で、モニター2基の設置です

前回ブログhttp://www.sunrise-garage.net/blog/2017/03/bmw-x3-e83-3.php

 

2017616105937.JPG

前回施工の際に元々のオンダッシュモニターの有ったところが空いたままでしたのでそこに追加モニターと後部座席用にもう1台設置で計2台の設置です 機種はカロッツェリアの TVM-W910です

2017616105852.JPG

途中工程は割愛させて頂きますが、多少隙間などありますが収まり良く設置できました

201761610596.JPG

後部座席用も付属のブラケットで設置いたしました

2017616105920.JPG

ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH