ホーム>WORKS BLOG>WORKS>アメリカ>CADILLAC (キャデラック)

CADILLAC (キャデラック)

キャデラック ブロアム デッドニング

引き続きのご紹介はキャデラック ブロアムのフロントドアへデッドニング施工の御紹介です、お隣の川崎市高津区へ出張取り付けにお伺いいたしました

2015923185259.JPG

ドアの内張り外し自体は流石アメ車、簡単です大雑把な構造です

スピーカーは既に社外に変更済みです

2015923185156.JPG

施工するキットはエーモン社のデッドニングキットです

201592318527.JPG

今回お客様がお悩みなのはウインドウを上げている間は問題無いが下げると何故かビビリ音が物凄く出てしまうとの事、実際鳴らしてみると明らかでしたのでまずは何がなっているのかをチェックしてみるとどうやら、ウインドウのモーターなどを固定しているステー類なのが古いお車の為なのか?ゆがんだり、ずれていたりと様々な要因で鳴っていました、そのためまずはそのあたりのビス固定などを締め直してからデッドニングキットを施工いたしました

2015923185227.JPG

格段に音がなくなりました完成です

2015923185239.JPG

キャデラック デビル CDチェンジャー取り付け

引き続きご紹介の作業はキャデラック デビルにFMモジュレーター方式のCDチェンジャーの取り付けのご依頼です。

A_cad_deville_CDC.JPG

最近はCDチェンジャーを取り付ける機会のだいぶ少なくなりました。

A_cad_deville_CDC (1).JPG

 

まずは純正オーディオ本体を外します

A_cad_deville_CDC (2).JPG

CDチェンジャー本体はトランクに設置する為、シートを外しトランクまでの配線の通り道を確保します

A_cad_deville_CDC (3).JPG

完了です

A_cad_deville_CDC (4).JPG

 

'98キャデラック コンコース ナビゲーション取り付け

今回のお車は’98年式キャデラック コンコースへナビゲーションの取付けです、町田市まで出張して参りました。

A_cadilac_navi.jpg

既設でCDデッキと小物入れが付いている状態で、小物入れの代わりにインダッシュのナビゲーションを取り付けます。

A_cadilac_navi (1).jpg

この車、車速信号を取るのにメーター裏から取るのですが、ナビ取り付けは実績は無く初めてだったのですが、これが厄介と言うか・・・メーターの外し方が分らない・・・shock

輸入車は日本車と違い予想外の構造になっている事が多く、悩む事1時間弱・・・

A_cadilac_navi (2).jpg

ようやく発見!エアコンルーバーの内側だけがスライドして外れるのです。

A_cadilac_navi (3).jpg

こうすると、ダッシュボードが浮いてきてメーター裏側が見えてきます、ピンクの配線が車速信号線にに接続した線です。

A_cadilac_navi (4).jpg

このような形でダッシュボードが外れるのはかなり意外でした・・・

そして完成です

A_cadilac_navi (5).jpg

キャデラック コンコース(AK44K) トリプルフリップダウンモニター取り付け

今回は題名を見て『トリプルフリップダウン』???? なんのこっちゃ?と思われたんじゃ無いでしょうか?

キャデラックコンコース(AK44K)へ3基のフリップダウンモニターを取り付けるご依頼です。

お伺い先も久しぶりの遠出で茨城県まで出張して参りました。

A_cadilac_concorse3lfip (1).JPG

さてさて、いくらアメ車と言えども3基もフリップダウンは付くのか?

もちろん事前にお客様とは十分確認のうえのお伺いなのですが、なんせ3基は初めてなので実車を見てから作戦会議school

どうやらルーフに後部座席用のバニティミラーがある!これを上手く利用して後ろの2基を付けられるかもflair

A_cadilac_concorse3lfip (4).JPG

では各内装部品を外して屋根内張りを下ろしに掛かります。

ピラーカバーを外し・・・

A_cadilac_concorse3lfip (3).JPG

天井についているバイザーやルームランプ類あらゆる物を外していきます、ちなみにcamera写っている彼はたまにお手伝いして貰っているアルバイトのT君です

A_cadilac_concorse3lfip (5).JPG

内張りを外したところ二人で唖然・・・・

通常ほとんどの車は家で言う『梁』のような骨組みが屋根の鉄板に最低でも一本は通っているもの・・・

しかし無いんですこの車shock強度的に大丈夫なのか?と余計な心配もしちゃいます

A_cadilac_concorse3lfip (7).JPG

しかも天井に張り付いている茶色の帯なんだか分りますか?これダンボールなんですsign03・・・・多分日本車だと防音材の意味でフエルトのような生地が良く貼ってあるのですが、それと同等の意味があるのだと思いますが・・・意味無さそうですが???

しかもバニティミラーのベースになる黒い箱のようなものこれはホットボンドで付けてるだけです、つまり当てにしてたベースは強度的に利用不可coldsweats02

さて、どうやってフリップダウンを取り付けるか再び、作戦会議school

写真に残していなかったのが残念ですが、ルーフの両端に補強の鉄板とルーフ鉄板の間に5mm位の隙間があるのでこれを利用して木材で強制的に梁を作る事にしました、これにフリップダウンを固定すると言う作戦です、前に1基後ろは2基なので、強度も考えて木材の材質も良い物を近くのホームセンターで購入dollar

A_cadilac_concorse3lfip (9).JPG

なんとか取り付け出来ました

A_cadilac_concorse3lfip (10).JPG

外からも目立ち度抜群ですよ、苦労しました

A_cadilac_concorse3lfip (11).JPG

まあ色々と試行錯誤したため丸1日掛かるお仕事でしたが格好良く決まりましたのでgoodGOOD JOBでした!

ブログ記事検索

loading...
ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH