ホーム>WORKS BLOG>WORKS>ドイツ>PORSCHE (ポルシェ)

PORSCHE (ポルシェ)

ポルシェ911 (993型)ストロボ取り付け

こんばんは本日のご紹介はポルシェ911(993型)のヘッドライトとフォグにストロボをつける作業です葛飾区まで出張取り付けにお伺いいたしました

2017311193332.JPG

この993型は何故か作業内容に限らずあまり依頼が無いのですが、そもそも玉数が少ないのでしょうか?詳しくないのでわかりませんが・・・

2017311193023.JPG

早速ヘッドライトASSY、バンパーのフォグASSYを外します

2017311193257.JPG

他の型ですとどうだったか記憶がないのですが993型は表面のレンズ部が簡単に取れる仕組みですのでお引き受けできましたがシーリングで密閉型の場合は当方ではお受けできませんのでお気を付けください

2017311193049.JPG

ストロボ発光部を隙間に設置してレンズを戻します

201731119315.JPG

フォグ部はフォグランプの電球そのものを発光部で光らせます

2017311193124.JPG

ホールソーで配線を通す穴を広げて引き出します

2017311193140.JPG

ブチルゴムで水対策を致します

2017311193158.JPG

フロントトランク奥部にストロボのメインユニットを設置いたしました

2017311193240.JPG

完成です昼間ですしストロボがノイズのように映っていますが『チラッチラッ』と光っているのが判ると思います

 

ポルシェ911 (996型) バックカメラ取り付け

引き続きのご紹介はポルシェ996型のバックカメラの取り付けです

2017226205927.JPG

取り付けるカメラはカロッツェリアの『ND-BC7』

2017226205547.JPG

996型へのカメラ取り付けはたくさん実績が有る為手順はお手の物です

201722620563.JPG

テールランプホールの裏を通してエンジンルーム経由で室内に通します

2017226205751.JPG

このお車はBOSE仕様だった為、初めBOSEのウーハー部の取り外し方法に迷いながらなんとか分解、脱着

201722620585.JPG

2017226205819.JPG

クウォーター部の内装を脱着して配線の通り道を確保

2017226205832.JPG

ナビ裏まで通して完了です

2017226205844.JPG

少々ナンバーが見える程度の角度が物との距離を測るのにいいと思います

2017226205858.JPG

カメラ自体は貼り付けとなります

2017226205910.JPG

ポルシェ911 991型 ナビゲーション、バックカメラ、サイドカメラ

毎度のことながらブログアップをさぼり気味で年を越してしまいました、明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いたします。

さて早速ですが今回のご紹介は杉並区にて作業のポルシェ911の991型のご紹介です、以前にも書きましたが当ブログをご覧いただき996型のご依頼が非常に多く何故か?997型などの依頼は数台と少ないのですが、今回は997型を通り越して991型現行型の作業となります

今回お問い合わせメール時点で実績がない為下見をまずさせて頂きました

201711316438.JPG

まずはポルシェ定番のClarion製純正ナビでした、通常今までのポルシェですとカイエン等も含めて何かしらの取り付けキットが必要になるのですがpb社さんのウェブサイトを見ても対応品が存在しない・・・

http://www.pb-jp.com/products/import/av-installkit/cat29/porsche-5/

見る限り一般的な2DINサイズなのでCANバスアダプターも含めて不要の可能性が大です

2017113154750.JPG

とりあえず外してみると一般売り品の『NX713』と同等品であることが判りました

2017113154825.JPG

但し問題は996、997型同様ポルシェ定番の別体アンプであることがこのコネクターの写真を見て判りました

常時電源、ACC、イルミ、アース、他不明配線しかありませんでした

201711315494.JPG

こちらは車速、バック信号、サイドブレーキの配線の様です

2017113154923.JPG

2017113154949.JPG

調べて見ると『NX713』はオプションでAVプリアウトケーブルをオプションで別途購入することで別アンプを接続できることが判りました、CCA-7227-500 https://www.clarion.com/jp/ja/products-personal/accessory/CCA-727-500/

ナビ裏を見ると確かにCCA-727-500がささる処に車両側ケーブルから来ていました、これが純正別体アンプへつながっているとほぼ断定できました、作業当日はこのCCA-727-500を購入して配線の順番を割り出していけば良いのです。

2017113155011.JPG

ここからは作業当日となります、まずはバックカメラの施工からです、内装の構造は996、997型と基本的には大差は無いですね、ただ狭いので大変なのは確かです

2017113155048.JPG

また配線通しは996、997型でも大変でしたが991型ははるかに大変でした

2017113155111.JPG

2017113155134.JPG

2017113155158.JPG

バックカメラはKENWOOD CMOS-230Wです

2017113155214.JPG

バックカメラ線を室内前方まで引き込んだら、今度はサイドカメラの作業に取り掛かります、これが一番大変です

2017113155237.JPG

勿論ドアパネルを外すのも初めてですので探りながらビスを外してきます

2017113155327.JPG

取れるところ全て取ったのに内張りが全然外れてくれません・・・

2017113155345.JPG

漸くわかったのはこの裏のフックがドアパネルに刺さっているのでこれに沿って外すのが正解でした

201711315549.JPG

さてここからミラーそのものを外して分解していきます

201711315556.JPG

2017113155541.JPG

ミラー自体の分解もかなり手間取りながらようやく分解できました、既存のミラー配線に沿ってサイドカメラの配線をドア内側→室内側へと引き回していきます

2017113155557.JPG

カメラは当方で多数実績のあるBullconの  AV-FBC02ですかなり小型で品質も良い様です

2017113155618.JPG

2017113155636.JPG

ミラー内部の干渉をよく考えて位置決めして装着完了です、ちなみに今回カメラの映像は同時につけるレーダーの外部入力に接続します

2017113155714.JPG

サイドカメラ線も室内に引き込んだらいよいよナビの施工となりますナビはカロッツェリアのAVIC-RZ55ワンセグモデルです、GPSアンテナはダッシュボードセンターのパネル内に埋め込みます

ちなみにワンセグTVアンテナはClarion から カロッツェリアへ変換するアダプターhttp://www.navi-connection.com/p/item-detail/detail/i32.htmlをお客様ご自身で見つけてご用意いただきましたのでフロントウインドウに邪魔なアンテナを施工せずに済みました

2017113155736.JPG

201711315583.JPG

下見の際に触れた別体アンプ配線ですがこちらがその写真です、赤丸は純正ハーネスでナビに刺さっていました、黄色い丸のケーブルは予め購入しておいたCCA-727-500です、狙い通り同じ形状ですので車輌から出ているカプラーをかっとしてRCAピンケーブルに組みなおします

201711316045.JPG

これれがRCAのオスに組みなおした写真です前後左右分4本です

201711316121.JPG

これを予めお客様にご用意して頂いたHi-Loコンバーターです、これは今回つけるAVIC-RZ55自体が外部アンプ用のRCA出力が出来ないモデルの為これを使用してAVIC-RZ55内蔵のアンプから出力されるスピーカー線からRCAへと変換するのに必要になります。

ところがこのオーディオテクニカのコンバーターが後に面倒なことを引き起こすのです・・・

201711316138.JPG

また今回予めお客様にアイドリングストップ機能付きの車両なので他社さんでは『アイドリングストップアダプター』が必要と言われたそうなのですが私の解釈としては純正Clarionナビに来ているACCはアイドリングストップ対策済みで入力されていると推測しました、今回ナビの他にリアカメラ、サイドカメラ、レーダー、純正Clarionナビから切り離したETCへそれぞれACCが必要になるのでリレーを使って起動さることにしました・・・・ところがこの推測も仇となり後に問題を引き起こします。

201711316238.JPG

大分暗くなってからようやくナビの施工も終わり、動作確認です

20171131634.JPG

グローブBOX内にUSBケーブルを引き回し、純正ETCも再起動確認

201711316335.JPG

バックカメラも動作(何故か純正ナビに来ているバック信号線は微弱なのか?リレーや電圧安定アダプターを使ってもうまく動かず結局またリアテールランプ内のバックランプから引き直し作業となってしまいました・・・)

201711316358.JPG

レーダーはセルスターAR-G800Aと外部入力ケーブルRO-106を使用してサイドカメラ動作確認OKでした

201711316412.JPG

暗くなってからの作業終了で住宅街と言う事もありエンジンを掛けずにチェックして問題ないと判断したのですが、この日お客様ご本人はご不在での作業だったのですがご帰宅後に試乗したところ、レーダーやETCが直ぐに落ちたり電源が入ったりの繰り返しになってしまう、ナビは全く問題ないと言うご連絡を頂き、後日再調査、またスピーカーからノイズが入って気になるとの事。

散々同乗してアイドリングストップの機能している状態などを見させていただき、結論からすると理由はわかりませんが純正ナビに来ていたアイドリングストップ対策済みと推測されるACCは上記バック信号同様微弱なのか?リレーすらもうまく動作させてくれないらしく、色々調べるとなんて事は有りませんでした、単にヒューズBOXから空きのACCから取るだけで解決しました、変に頭でっかちになってしまっていました、またノイズも散々悩みながらいろいろやった挙句、念のため私が個人的に使っていたかなり昔の『BOSS』のHi-Loコンバーターを使ったら消えました

お客様ご自身としてはゲイン調整の出来るオーディオテクニカ製が良いだろうと思ってご用意されたのですがこれが仇となったらしく、ゲイン調整の無い単純なモデルの方が問題が無いようでした。

 

ポルシェ911 (996型) ナビゲーション、バックカメラ、DSRC、ドライブレコーダー取付

本日のご紹介はPORSCHE (ポルシェ)911 996型の作業です

20161011104121.JPG

純正のオーディオのままの状態です

2016101110333.JPG

純正の別体アンプはフロントトランク内にあります

20161011103315.JPG

20161011103344.JPG

今回取り付ける商品はKENWOODの2DINナビ『MDV-Z702』となります、上の写真を見ての通り上からエアコンユニット、純正オーディオ、小物入れとなっている為専用のキットが必要になります

http://trendworks.ocnk.net/product/2764

このほかにオプションで1DINポケット小物入れとエアコン移設パネルも必要になります

2016101110349.JPG

ナビゲーションのほかに同メーカー製のバックカメラCMOS-230、ナビ連動型のドライブレコーダーKNA-DR500 パナソニック製のDSRC(ETC2.0)※異メーカーですが連動できるそうです

20161011103427.JPG

20161011103438.JPG

まずはバックカメラから開始です、RRですので毎度のことながらエンジンルームの熱源や動作する部分を避けながら這わしていきます

20161011103558.JPG

カメラ線はナンバー灯のわきから引き込み

20161011103634.JPG

エンジンルームの右端から室内へと引き込みます、996型はかなり施工実績が有る為引き込み場所は頭に入っておりますが、結構大変な位置です

20161011103646.JPG

バック信号線と共に引き込みます

20161011103657.JPG

室内側です後部座席のスペースは非常に狭い為ここが結構大変なんです、内装を撤去して車両前方へ引き着まわします

2016101110379.JPG

20161011103723.JPG

カメラ線がオーディオ裏まで来たら、いよいよナビの配線作業に取り掛かります

20161011103813.JPG

20161011103829.JPG

前期の場合は純正アンプをそのまま生かして、レベルアダプターやナビのRCA出力を使用して接続する方法と、スピーカー線を直で引き回す方法とあります、今回はスピーカー線を直で引き回しました KENWOODの別売り品KNA-15AVがあればRCA接続で純正アンプを生かすことも可能です(後期は光ケーブルでのコントロールなのでスピーカー線を直で引き回すしかありません

20161011103851.JPG

地デジのアンテナ、マイク、GPSアンテナを引き回します

20161011103938.JPG

ドライブレコーダーも同時に引き回します

20161011104011.JPG

DSRC (ETC2.0)は運転席に設置いたしました

20161011104026.JPG

完成です

20161011104043.JPG

バックカメラも問題ありません

2016101110411.JPG 

ポルシェ 986型 ボクスター バックカメラ取り付け

引き続きのご紹介はポルシェ ボクスター986型です、出版会社の枻出版さんが経営母体のTHE GARAGE WORKSさんからのご依頼です。世田谷区まで出張して参りました

201692193134.JPG

作業内容は既設ナビにバックカメラを接続となります、三菱のナビゲーションが付いています

201692192853.JPG

どうやら専用でなければダメなようでBC-100をご用意いただきました

20169219297.JPG

986ボクスターや911の996型のご依頼を受けることが多く、手順はかなり馴れております、ナンバー灯脇に切り欠き加工して配線を通します

201692192920.JPG

20169219309.JPG

201692193021.JPG

馴れているとはいえ、ボクスターはミッドシップ&カブリオレと言う特徴から配線の通り道はその都度慎重に行います

トランクルームからカブリオレの動作機器を避けて配線をしなければなりません

201692192956.JPG

201692192931.JPG

何度も屋根を開閉して通り道を確認しながらの作業です

201692192945.JPG

テールランプASSYを外して引き込みます

 

201692193044.JPG

201692193058.JPG

室内側に来ればあとは比較的楽ですナビを脱着して接続完了です

20169219318.JPG

ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH