200系ハイエース 7型 オムニビュー アラウンドビューモニター 東京都大田区 出張取付

今回のご紹介は200系ハイエースにアラウンドビューモニター(アラウンドビューカメラ)の取付です、東京都大田区へ出張取付にお伺いいたしました

韓国製の様ですが360°OMNIVUE (オムニビュー)と言う商品が信頼が有りそうです https://earthshop.info/SHOP/001_2.html

内容としては前後左右にカメラを付けてコントロールユニットに集合させ合成された映像を既に付けられている社外ナビに入力するという仕組みです

この映像は純正のデジタルインナーミラーでバックギアを入れると左側にワイプでバックカメラ映像が出る仕組みです、このバックカメラ映像は既に取付済みの社外ナビにも映し出されます

本題に入ります、まずはリアカメラから開始 純正カメラはもう要らないとの事で差し替えようとしたのですが構造上オムニビューのカメラとは入れ替えられないようなのでリアガーニッシュに取り付けます

続いてフロントカメラですハイエースはバンパー脱着は必須です

フロントカメラのブラケットは汎用の為取り付けにはかなり悩みました、加工して何とか取り付けます

続いてサイドカメラに掛かります、今回これが一番厄介です何しろミラーの分解が大変ですドライヤーで温めながら作業します

ミラーのアウターカバーに半埋込で取り付けますが角度の指示が有り絶対に間違えられないので何度も確認しながら穴を開けます

型紙の→の方向が肝心です

勿論左右やるわけですが、型紙を合わせてもどうも左右で違って見える・・・???

左右のミラーを比べてみました、今まで気が付かなかったのですが左右のミラーって根元の部分の角度や長さが若干違うんですね?

まあ確かに運転席側と助手席側との画角の差が生まれるので考えてみれば当然ですね、という事は輸出仕様の左ハンドル車の場合はこれが逆になるってことですね

左右のカメラの取付が出来たらカメラ線をドア内側へ引き込み、いよいよフロントカメラも併せて3線を室内に引き込みます

因みに通常の車と異なりハイエースはサイドカメラの配線はドアから直接室内へはフロントの

パネルからでなければ室内へは引けません

 

フロントパネルのここから引き込みます

フロントカメラはこのような感じです

サイドカメラ

リアカメラ

 

私の仕事はここで完成です、ここから商品を販売した会社に持っていき『キャリブレーション』と言うカメラ画像の整合性を合わせる作業が必要なのでそれをおこなってもらいます

画角の切り替えをするスイッチをステアリング脇に設置しました

 

 

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829