Car Navigation

一昔前、ナビゲーションは嗜好品、贅沢品でしたが、昨今では必需品となりカーライフには無くてはならない当たり前の存在となりました。
種類もフルセグチューナーモデルやワンセグチューナーモデル、SDナビやポータブルナビゲーションと言った簡易モデルまでバリエーション豊かです。
ワンセグチューナーモデルやポータブルナビゲーションは工賃もリーズナブルとなりますので是非お問合せ下さい。

所要時間2時間~

メルセデスベンツ W639 Vクラス カーナビ バックカメラ フリップダウンモニター 品川区 出張取付

今回のご紹介はメルセデスベンツVクラス W639  2013年モデルへカーナビ、フリップダウンモニターの取付で品川区へ出張取付にお伺いいたしました。

既設で古いALPINEのナビがインストールされていますのでこちらと交換となります

Vクラスへフリップダウンモニターの取付の場合車種別キットが無いのでワンオフオリジナルでの作業となります

車種別キットが無い場合はサンルーフ付きのお車へは原則取り付け不可となります、ガラスシェードが後方にスライドするとフリップダウンモニターの取付の部材に干渉して開かなくなってしまう為です

ただVクラスだけは構造上可能であったのでお引き受けしております

既設のバックカメラは再接続します

新規で付けるナビはカロッツェリアのAVIC-CZ901

フリップダウンモニターはALPINEのRSA10S-L-B

汎用の取り付けキットKTX-R3000Uは必須となります

前後分割式のルーフライングを外して取付ベースを取り付けていきます

Vクラスのフリップダウンモニターのベース取り付けは非常に大変です、数台の実績は有りますがフォーマットが有るわけでは無いので都度考えながらの施工です

木材や金具を試行錯誤組み合わせての施工です

クリアランスを考えて厚みを持たせます

完成です

 

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

メルセデスベンツ CLS550 W219 カーナビ&バックカメラ 東京都葛飾区 出張取付

今回のご紹介はメルセデスベンツ CLS550 W219型 2007年モデルの純正マルチナビシステムから社外ナビ化、バックカメラの取付です東京都葛飾区へ出張取付にお伺いいたしました

W219はW211 Eクラスとプラットフォームを共有しているいわば兄弟車種の様なものでマルチナビシステムも全く同じです、CLS550はhaman/kadon仕様となります

W211と同様ナビの本体、アンプなど中枢機器はラゲッジルームに埋まっておりますのでバイパス作業が必要になります

早速カメラ作業と同時進行でトランク内のアンプバイパス作業を行います

haman/kadon仕様なのでインピーダンスが2Ωの為、レジスター(抵抗)を使ってインピーダンスの帳尻を合わせます

haman/kadon仕様はフロントドアにウーハー部とツイーター部左右で計4個、リアドアも同様で計4個、センタースピーカーが1個、サブウーハーが1個、Cピラー付近にサテライトスピーカー2個となります

社外化することにより基本的には前後ドアのウーハーとツイーターを一つと考えて4スピーカーのみしか鳴らすことが出来ません、別途新規社外アンプを組むことでサブウーハーやセンタースピーカーを鳴らす事が出来ます、サテライトスピーカーは基本的には鳴らなくなります(アンプをシステムアップすることで不可では有りません)

ウーハーを鳴らすのにユーザー様はカロッツェリアのGM-D1400Ⅱをチョイスされましたのでこちらをウーハー鳴らします

バイパス線、カメラ線を室内へ引き込みます

完成です

 

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。  

日野 デュトロ レッカー車 カーナビ、バックカメラ、ドライブレコーダー 出張取付 目黒区

今回のご紹介は日野 デュトロのレッカー車への作業で目黒区へ出張取付にお伺いしてきました。

自動車メーカーのカテゴリーに日野を設けていない為便宜上ISUZUのカテゴリーに設定させて頂きます

作業内容はカーナビ、バックカメラ、ドライブレコーダー、ETCの取付となります

 

 

取り付けるナビはAVIC-RZ102

ドライブレコーダーはカロッツェリアのVREC-DS600

バックカメラはND-BC8Ⅱ

ETCはND-ETC8

 

パネル類を外していきます

フロントドライブレコーダーはカメラ本体別体なのでミラー裏の目立たない場所に設置

今回一番大変なのがバックカメラ作業です、レッカー車なのでリアの架装機器が複雑に動くため、動作に支障の無いように施工を進めます

こちらはバッテリーBOXですがこちらは単に通過点で純正の配線の取り回しに倣って這わせます

車輛の下に潜り込み配線していきます

オーナー様とご相談しながら取付位置を決定

この可動するアームに沿って配線を施工

純正の油圧ラインに沿わせます一番安全なルートです

キャビンを持ち上げてエンジンルームを這わせます

DC-DCコンバーターいわゆるデコデコを使って12Vに減圧してナビやカメラなどへ電源を供給します

完成です

難易度が高く暗くなるまでの作業でしたがカメラの画角はこのような感じです

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。  

ボルボ V40 ポータブルナビ、バックカメラ 調布市 出張取付

今回のご紹介はボルボ V40 2013年モデル DBA-MB4164Tの作業で東京都調布市へ出張取付にお伺いいたしました

今回の内容は既に取り付けられているPND(ポータブルナビ)が前オーナーに寄る見栄え重視の設置位置でGPS受信をし辛く方法を変えたいとの事でした

割と下方に設置されております

本体を外すとBEAT SONIC社のQG1を利用してタイラップで固定されていましたhttps://www.beatsonic.co.jp/accessories/qg.php

電源はシガーソケット増設から取得されていました

これを全て施工しなおします

 

まずはバックカメラから開始

リアガーニッシュに穴あけ加工をして設置

PND作業に掛かります、今回BEAT SONIC社製のQBD15を追加して取付位置を変えますhttps://www.beatsonic.co.jp/accessories/qbd15.php

ディスプレイ周りのパネルを外してどのように施工するか策を練ります

ダッシュボードとパネルの隙間に切り欠き加工を施しこのQBD15を抜けないよ言うに固定加工致します

配線もこの中に引き込み見栄えは良くなります

完成です

    

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。  

50系 エスティマ MOPナビから社外ナビ化 東京都三鷹市 出張取付

今回のご紹介は50系エスティマ 平成18年式前期モデルです。MOPナビから社外ナビ化の施工で東京都三鷹市へ出張取付にお伺いいたしました

純正MOPナビから社外ナビ化は一般的には不可と言われていますが色々とハードルは有りますが可能です

6スピーカーのパノラミックライブサウンドと11スピーカーのパノラミック『スーパー』ライブサウンド

の2種類あるのですが今回は6スピーカーのパノラミックライブサウンドです

だた毎度50系エスティマの記事で書きますが未だに年代によりスピーカー構成が異なり確実に把握しておりません

通常6スピーカーのパノラミックライブサウンドですとここにツイーター(厳密にはスコーカー)が有るはずなのですがこの様に無い個体を数台見た事が有ります

実際に鳴らしてみるとスコーカーが無い代わりにBピラー上部の天井内に埋め込まれているスピーカーから耳を当てると聞こえてきます

取り付けるナビはALPINEの8インチX8V

別途車種別取り付けキットFP-X008-ES-ECKDが必要になります https://products.alpine.co.jp/om/owner/product?P1=2443

純正のフロント、サイド、リアカメラを再使用する為にデータシステム社の機器が必要になります、但しこれは前期モデルだけしか再使用できません

https://www.datasystem.co.jp/products/c_adapter/index.html

写真当時は3つの商品を組み合わせますが現在は『MCA036T』+『CSW298』の2つの組み合わせです

フリップダウンモニターはALPINEのRSH10S-L-S

HDMIケーブルKCU-610RV

フロントスピーカーも交換しますALPINEのX-180S エスティマ専用のツイーターマウントKTX-Y50ESを使用します 

フリップダウンモニターの取付には京都マッハワンさんのキットを使用しますhttps://onlineshop.mach-1jp.com/shopbrand/sample1/

指示書に従いルーフライニングをカット

 

フリップダウンモニターのケーブルをオーディオコンソール裏まで引き回します

備忘録、参考資料として純正MOPナビの型番や背面写真を残します 86100-28020

ナビ本体の作業の前に前述のデータシステム社のカメラアダプターの施工を致します助手席シート下にある純正のカメラ中枢ユニットに割り込ませます

 

続いてナビの地デジアンテナ、GPSアンテナなどの施工

完成です

カメラアダプターのスイッチはナビパネルの空スイッチのメクラ蓋へ

フリップダウンモニターもOKです

フロントカメラ映像

 

サイドカメラ映像

バックカメラ(リアカメラ)映像

最後にスピーカーの作業です

完成です

    

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

ホンダ フリード GB5 ナビゲーション&フリップダウンモニター 川崎市宮前区 出張取付

今回のご紹介はリピーターのS様からのご依頼でホンダ フリードGB5へカーナビとフリップダウンモニターの取付で川崎市宮前区へ出張取付にお伺いいたしました

ナビはパナソニックのCN-RX04D

フリップダウンモニターはカロッツェリアのTVM-FW1030-B

 

車種別取り付けキットはKK-H106FDL

途中写真を撮りわすれましたが指示書に従いフリップダウンモニター完了です

 

続いてカーナビの作業です

地でアンテナ等を施工

完了です

 

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

トヨタ ランドクルーザー80 ナビゲーション、バックカメラ、ドライブレコーダー、レーダー 川崎市 出張取付

今回のご紹介はリピーターのN様からのご依頼でランドクルーザー80の作業で川崎市内へ出張取付にお伺いいたしました

取り付ける商品はパナソニックのCN-F1XD フローティングタイプナビです

レーダーはコムテックのZERO 805V

ETC2.0はCY-ET2000D

バックカメラはCY-RC90KD

ドライブレコーダーはKENWOODのDRV-830

ランクルは元はバンベースという事もありますが現代の車と異なり地デジアンテナやドラレコの配線の隠しがやや厄介ですね

もう少し上にレイアウトされていると見易いのですが当時はインダッシュナビは漸く出た頃だと思います

パナソニックは左右に首が振れるのがいいですね

レーダーはN様のご希望で目立たない場所へ設置きちんとGPSの受信はしていますね

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

メルセデスベンツ Gクラス ゲレンデヴァーゲン W462 カーナビ&バックカメラ 目黒区出張取付

今回のご紹介はメルセデスベンツ Gクラス/ゲレンデヴァーゲン W462へカーナビ&バックカメラの取付で東京都目黒区へ出張取付にお伺いいたしました

既設で古いカロッツェリアのナビAVIC-ZH9MDが付いていますのでこれの取り外しも行います

新規で付けるナビはパナソニックのCN-F1XD

バックカメラはメーカーは不明ですがゲレンデヴァーゲン専用の形状の様です

ゲレンデヴァーゲンはリアカメラの配線通しが非常に大変です

ゲレンデヴァーゲンでのバックカメラ設置位置の定番は背面タイヤを斜め上から見下ろすようにゲート脇に設置するのですがこのゲレンデヴァーゲンは背面タイヤレスなのでこれでも良いようです

ここがとにかく通り辛く厄介でした

地デジアンテナ、GPSアンテナを取り付けてナビの取付も完了です

 

ゲレンデヴァーゲンは窓がトラックの様に角度が立っているので昔はGPSアンテナを社外に出してフロントライトのカバーの裏に設置するのが定番でした(純正ナビのGPSアンテナも同様の位置にあります)

しかしGPSの受信感度が昔と違い非常に良くなったためダッシュボード上でも大丈夫になりました

バックカメラ映像もOKです

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

メルセデス Eクラス W211 後期 カーナビ、バックカメラ、ETC 東京都あきる野市 出張取付

本日のご紹介はメルセデスベンツ Eクラス W211 2009年の最後期のモデルへ カーナビ、バックカメラ、ETCの取付で 東京都あきる野市へ出張取付けにお伺いいたしました。

2009年モデルでW211として最後期のモデルとなります、W211の後期は2008年~1年間ほどでW212が発売されたため

非常に球数が少ないそうです

前期モデルではあくまで画面がオーディオコンソールに有るだけで、ナビやアンプ、チューナー等の中枢はトランクルーム内に埋まっている為バイパス作業が必要になりますが

後期では全て一体式になり施工が楽になるのが大きな違いです、因みに出会ったことは有りませんが前期でも欧州本国仕様、つまり並行輸入車はこの後期モデルと同じ仕組みだそうです

取り付けるナビはカロッツェリアのAVIC-CZ900

ETCはND-ETCS1、バックカメラはND-BC8Ⅱ

センターコンソールの上にメルセデスロゴ入りの後部モニターが付いています、ディーラーオプションだと思いますが

これも珍しいですね、この時点では社外ナビへの再接続が出来るのかは分かりませんので場合によっては撤去です

まずはバックカメラから開始です

ナンバー灯脇に切り欠きを入れてカメラ線を引き込みます

トランク内張りを剥してカメラ線を室内側へ送ります、因みに前期はこの場所にアンプやチューナー、ナビ本体が埋まっています

後部座席を外して通線します

カメラ線がオーディオコンソール付近まで来たら本題のナビの作業となります

色々分解していくと後部モニターのユニットや見た事の無い機器が出てきました観察するとRCA入力でカロッツェリアのナビと接続可能の様なので後部座席モニターは残すことになりました

取付にはpb社(現在は廃業)の取り付けキットMB219A2D09Aを使用、後期専用のキットです

CANバスアダプターも同じくpb社のBIF-MB19L

地デジアンテナ、GPS、マイク、ETC配線を施工して完了です

バックカメラ映像

後部モニターへの出力もOKです

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

BMW 7シリーズ E66 ALPINA B7 (アルピナ B7)カーナビ 出張取付 横浜市神奈川区

今回のご紹介はBMW 7シリーズ E66 ALPINA B7 (アルピナ B7)へ純正マルチシステムから社外カーナビ取付のご紹介です 横浜市神奈川区へ出張取付にお伺いいたしました

このお車一筋縄では行きません、以前ご紹介したE65での作業も参考程度のブログとしてご紹介しました

https://www.sunrise-garage.net/blog/bmw-7e65/

上記過去ブログ同様出張専門と言う特性上カスタムショップさんの様に何日もお預かりしてパネルを作成するなどの作業が出来ません。今回のお客様は予め中古で手に入れたパネルをご自身で加工したものを既にお持ちで、更に前回問題であった純正システムの移設の問題を解決するために光ケーブルの延長、RGBケーブルの延長なども既に調べ済みでご用意されていた為、お引き受けさせて頂く事になりました

まずはトランクルーム内に埋まっている純正のアンプからバイパス作業、ラジオアンテナなども延長致します

これらを室内側へ引き込むだけでも7シリーズは一筋縄では行きません非常に厄介です

 

室内側でも純正オーディオを移設する為に加工延長作業を行います

純正オーディオは助手席下フロアへ埋め込みます

見づらいですが純正システムを移設して正常に動いているのを確認いたします

いよいよ純正のオーディオフレームに試行錯誤しながらナビ本体を組み込みます金具は汎用ステイで固定します

  

ナビのGPSやマイク、地デジアンテナ等を施工して完成です、朝から開始して暗くなってからの終了です

見辛いですがお客様ご自身で制作したカーボンシートを貼ったパネルが付いています

カーナビ、カメラ、ドライブレコーダーなど車の電気製品全般の商品持込、出張取り付けは是非サンライズガレージにご相談ください、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬等、関東近県どこでも出張取り付け致します。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930