個人作業記録 スズキ キャリートラック DA63T 足回り交換

今回のご紹介は番外編となります、出張作業でお伺いする際に乗っていく相棒のキャリートラックの足回り交換となります、男性には結構人気でお客様にかなりの確率で『ヤレた感じがカッコイイ』と人気です(笑)

3年前に先輩から引き継いだ平成14年式 キャリートラック DA63T  現在21万キロです、先輩が入手した当初に二人で電動スプレーガンで2日掛かりでオールペン、リフトアップしました、ホイールは14インチにインチアップ仕様です

先月千葉の現場から帰る際にGoogleMAPで山を横切る道を発見して近道だと思って侵入したところ、実は酷い林道で大変な思いをしました、その際に足回りが曲がってしまい、今回は中古部品を入手して交換することになりました

恥さらしの様な動画ですがYouTubeにUPしております、最後の3分だけでも結構な見どころ有りますので暇な時にでも是非ご覧ください(笑)

👆と言う訳で漸く林道を抜けたのも束の間、下の写真の通りストラットがくの字に曲がってしまいタイヤに干渉してしまい非常に危険な状況ですタイヤのサイドウォールは既に削れて溝が出来ています、応急処置をして残り100Km程何とか帰ってきました😿

これは当時の応急処置前の状況を再現した写真ですがよくこの状態で林道を抜けられたなとつくづく思います

右側だけがドリ車のいわゆるネガキャン状態です

当時の応急処置で細めのボルトを入れて、いわゆるキャンバーボルトの様にして無理やりキャンバーをポジ側に調整

 

途中でテンションに耐えられずまたネガキャンになってしまった為適度なキャンバーを保つために適当なボルトを挿しこんで帰ってきました

インナーにも当たっていますね

事件当日はテンパっていて気がつかなかったのですがホイールの内側もガタガタでした💦

 

ロアアームも激しくヒットしています

  

ヤフオクで幸いにも右側の足回りセットが有ったので落札しました

 

ロアアームを外そうとしたら…曲がっている為にナットが取れないことが発覚!

もう仕方ないので別のアプローチで総外し

今まで自分の車で車高調を交換したりは有りましたが、ここまで分解したのは初めてでした、軽自動車だから気楽に出来ます

外して改めて見てみます、くの字に曲がっています

完成です、元々足回りのブッシュのへたりからなのか?コトコト言っていたのですが交換することで消えました

※あくまで個人作業記事ですので今回の作業内容の様な足回り交換などはお仕事としてはお受けしておりませんのでご了承ください

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031