Alfa Romeo 166 (アルファロメオ166) アンプ&キャパシター&ウーハー&フロントスピーカー

引き続きのご紹介はアルファロメオ166のご紹介です。

横浜市都筑区にて出張取り付けいたしました

ALPHA_166_AMP&woof&sp.JPG

このお車初めて作業する車種なのですが、純正マルチシステムが付いていて社外オーディオに交換が出来ない車なんですね!珍しいお車です。しかもMT車でかなりレアだそうです。

既に前のオーナーさんが純正オーディオと切り替え式のオーディオシステムを組まれておりまして、今回新たにシステムを改変する御依頼を頂きました。

メールや電話では現状が理解しづらく当日状況をみて判断と言う事に・・・

実車をみて現状調査、HDDオンダッシュナビ+アンプをBEAT SONICの詳細不明の機器を介してフロントスピーカー&トランク内システムアップウーハーが組まれている状態、リアスピーカーは純正のラジオを聴くためのみに使用と言う状況。

シート下に既設のフロントSP用のアンプが有るのでこちらは配置はそのまま、配線の組み換えにて新たに組むJBL製の特大ウーハーBOXを鳴らしますnote

ALPHA_166_AMP&woof&sp (1).JPG

リアシートも外してトランクへ配線処理いたします

ALPHA_166_AMP&woof&sp (2).jpg

こちらが特大ウーハーにフロントSP用に新たに設置するプレシジョンパワーのアンプです、こちらもデカイですねぇ~

ALPHA_166_AMP&woof&sp (3).JPG

同時にBOSS製のキャパシターを設置します。ちなみに・・・キャパシターとはバッテリー電源をこちらに一度溜めて安定した電力をアンプに送りだす機器です。

ALPHA_166_AMP&woof&sp (4).JPG

ALPHA_166_AMP&woof&sp (5).JPG

トランクスルーの蓋はお客様のご希望で撤去しました、これで空間が繋がり迫力のある低音が伝わりますね!

ALPHA_166_AMP&woof&sp (6).JPG

続いてフロントスピーカーの交換です

ALPHA_166_AMP&woof&sp (7).jpg

こちら『JBL 660GTi』と言う商品なのですがアルミケースに入っていてかなりお高いスピーカーだそうです・・・

この手のスピーカーは弊社のような出張取り付けで施工する商品ではなく本当はカスタムショップ等でワンオフで取り付けてもらうスピーカーで本来の能力を引き出せないのでは・・・お客様にはご説明しましたが強くご希望されましたので取り付ける事になりました。

アンプの上に設置した物は、なんとフロントスピーカー用のクロスオーバーですデカイ!今回は何でもデカイです

ALPHA_166_AMP&woof&sp (8).jpg

あのぉ・・・何度も言い訳いたしますがこの手の商品は出張専門の弊社向きでは無いので見た目はご勘弁下さいね

こちらが元々付いていたスピーカー

ALPHA_166_AMP&woof&sp (9).JPG

JBLのスピーカーに変更後です、完了です!

ALPHA_166_AMP&woof&sp (10).jpg

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031