ホーム>WORKS BLOG>2014年2月

2014年2月

メルセデス ゲレンデヴァーゲン (G500) W463 地デジチューナー&バックカメラ取付

引き続きのご紹介はメルセデスW463 Gクラスに地デジチューナー及びバックカメラの取り付けです

単身赴任で三重県に在住との事ですが取り付けの為にわざわざ御自宅のある神奈川に戻られての取付でした、お疲れ様です

MB_GclassW463_DTV&cam (1).JPG

カメラの設置位置は定番では見栄えは悪いですがリアゲート上部に斜め設置で背面タイヤを見下ろすように設置しますが、見栄えが嫌と言う事でナンバー上部に真後ろを映す様に設置しました。

MB_GclassW463_DTV&cam (3).JPG

カメラ配線はリアステップ裏から引き込みます

MB_GclassW463_DTV&cam (4).JPG

大分時間が押してしまった為地デジの施工工程の写真を取り忘れてしまいましたが、いきなり完成です

MB_GclassW463_DTV&cam (5).JPG

バックカメラの映像はこのような感じです上に見えるのが背面タイヤカバーの下部となります、真後ろの障害物は分かりますが距離感はつかめません。

MB_GclassW463_DTV&cam (6).JPG

BMW X5 E53 ナビゲーション入れ替え、バックカメラ取付

引き続きのご紹介は2006モデル E53 BMW X5のナビゲーション入れ替え及びバックカメラ取付です

調布市に出張取り付けにお伺いいたしました

BMW_X5E53_navi&cam (1).JPG

取り付けるナビはこちらKENWOOD 『MDV-Z700』

BMW_X5E53_navi&cam (2).JPG

カメラは同じくKENWOOD製『CMOS-310]』です

BMW_X5E53_navi&cam (3).JPG

既設のナビゲーションはパナソニックストラーダ『CN-HDS960D』こちらのナビはモニターとナビ本体以外に様々な機器及び大量のハーネス類が埋まっている為取り外し工賃は通常よりもUPさせて頂いております。

BMW_X5E53_navi&cam (4).JPG

散々探した挙句ハイダウェイユニットは変なところにありましたリアシートの座面の脇に・・・良くこんな場所を見つけましたね~ジャストと言えばジャストなスペースでしたが・・・

BMW_X5E53_navi&cam (6).JPG

ケーブルはさらに後に延びてラゲッジへ向かっております

BMW_X5E53_navi&cam (7).JPG

外しだけで1時間位掛かってしまいましたが、続いてバックカメラに掛かります

BMW_X5E53_navi&cam (5).JPG

配線はラゲッジを通して車輌前方へ!

BMW_X5E53_navi&cam (8).JPG

カメラ自体はこのように設置完了です

BMW_X5E53_navi&cam (12).JPG

いよいよナビゲーションに掛かります

BMW_X5E53_navi&cam (9).JPG

地デジアンテナ、GPSアンテナを設置します

BMW_X5E53_navi&cam (10).JPG

完了です

BMW_X5E53_navi&cam (11).JPG

バックカメラも問題ありません

BMW_X5E53_vavi&cam(13).JPG

MPV 2006年式 地デジチューナー&TVキット取付

引き続きのご紹介は18年式MPVに地デジチューナーとTVキットの取付の御依頼で東京都三鷹市に出張取付にお伺いいたしました

MAZ_MPV_DTV&TVkit (1).JPG

ナビは純正メーカーオプションナビです

MAZ_MPV_DTV&TVkit (2).JPG

今回メールでの見積もり段階でデータシステム社の適合表http://www.datasystem.co.jp/products/vharness/index.htmlに寄ると標準で地デジチューナーの映像音声を入力する為のVTR入力口が備わっている可能性があったので、事前に実車確認を頂いたのですが有るとのことでお伺いしましたが、実際には備わっていないことが発覚!参りました、これはで地デジの取り付けようが無く、たまたま近くにオートバックスが有った為ひとっ走りいたしました。

ナビの裏を見るとトヨタの純正ナビゲーションシステムと全く同じOEM商品のようです。

データシステム社製で言う所の『VHI-T10』です、今回オートバックスには同等品の富士通テン ECLIPSE のオプションコード『KW-1275A』しか有りませんでしたのでコチラを購入しました。

MAZ_MPV_DTV&TVkit (3).JPG

また取り付けるTVキットがまた困ったことに適合が明らかに違いました、コネクター形状が全く違います

FIELD社製で『ADN-0500』確かに適合表を確認したところ有っているのですが実車は異なります仕方が無いのでサイドブレーキ線は強制アース加工して、車速信号をカットする為のスイッチを手持ちの要らないスイッチにかませて設置することにしました

MAZ_MPV_DTV&TVkit (4).JPG

コチラがナビの裏側です、紺色のコネクターがVTR入力ケーブル、黄色のコネクターがサイドブレーキ、車速信号線のコネクターですプロが見れば分かりますがトヨタ純正ナビと同じです

MAZ_MPV_DTV&TVkit (6).JPG

何とか問題を解決していよいよ地デジチューナーのアンテナを施工

MAZ_MPV_DTV&TVkit (5).JPG

リモコン受光部はセンターのルームミラーベースの樹脂部に設置、これで車検に問題ありません

MAZ_MPV_DTV&TVkit (10).JPG

地デジチューナーのメーカーは不明です韓国製か中華製です

MAZ_MPV_DTV&TVkit (7).JPG

完成です

MAZ_MPV_DTV&TVkit (8).JPG

先ほどの車速信号線のカットをするスイッチは手持ちの不用品しかなかった為このような状態が限界です、拝聴中だけ車速信号をカットして楽しみます。

MAZ_MPV_DTV&TVkit (9).JPG

 

トヨタ タンドラ(Tundra)バイザーモニター、ヘッドレストモニター、ミラーモニター取付

引き続きのご紹介はTOYOTA Tundra トヨタ タンドラ 逆輸入車です

バイザーモニター、ヘッドレストモニター、ミラーモニターの取り付けです、横浜市旭区へ出張取付にお伺いいたしました

T_tundra_fullmoniter (3).JPG

取り付ける商品はこちらです、海外製モニターとなります

T_tundra_fullmoniter (2).JPG

既設のカロッツェリア楽ナビと接続いたします

T_tundra_fullmoniter (1).JPG

バイザーモニターとミラーモニターを同時に進めます、バイザーの取付ビスは何とか純正位置のビス穴を利用出来ました。

T_tundra_fullmoniter (4).JPG

T_tundra_fullmoniter (6).JPG

ミラーモニターとバイザーモニターの配線とヘッドレストモニターの配線を纏めていきます

T_tundra_fullmoniter (7).JPG

電源元と信号線をナビ裏から取り出します

T_tundra_fullmoniter (8).JPG

今回お客様の御希望でモニターで映すメディアとスピーカーで聞くメディアを分けたいとのことで『MULTI SELECTOR』と言うものをご用意されました、便利な物があるのですね?知りませんでした、要は別途付いているDVDチェンジャーの映像をモニターに映しつつ実際の音楽はナビで再生する音楽がスピーカーから聞こえると言う物です、もちろん切り替えでナビの地デジの映像、DVDの映像も切り替えて通常通り映せます

T_tundra_fullmoniter (9).JPG

完成です

T_tundra_fullmoniter (10).JPG

 

FJクルーザー ナビ、カメラ、チューンナップウーハー取付

こんばんわ、本日のご紹介はお初のお車です FJクルーザーにカーナビゲーション、バックカメラ、チューンナップウーハーの取り付けです

御近所の中原区内に出張取り付けにお伺いいたしました

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (1).JPG

取り付けるナビゲーションはKENWOODのMDV-L500です

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (3).JPG

バックカメラはマルチビューカメラの『CMOS-310』となります

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (4).JPG

カメラの位置ですがすっかりナンバーポケットに付けるとばかり思ってお伺いしましたが、純正のカメラが背面タイヤのセンターに設置されているそうで同じところに設置したいとの御希望でした・・・しかし純正カメラはそれに伴った取り付けブラケットがあるはずでどうやって付けようかと作戦を練りましたが・・・

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (2).JPG

手持ちのステー(金具)を利用して取り付けることに致しました

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (6).JPG

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (5).JPG

このように顔を出します

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (7).JPG

背面タイヤカバーをつけるとこのような感じです

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (14).JPG

続いてチューンナップウーハー『KSC-SW11』を取り付けます、バッ直配線をバッテリーから室内へ引き込みます

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (11).JPG

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (12).JPG

ウーハーはシート下に設置いたしました

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (15).JPG

いよいよセンターパネルを分解してナビゲーションの施工に掛かります

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (8).JPG

USB及びAUXケーブルは空きスイッチパネルを利用して見栄えよくする為に以下の物をお客様が御用意頂いて取り付けます

USB電源 トヨタ車用|カーメイト ME116 USB電源スイッチホール
USB/AUX延長ケーブル付 スペアホールユニット NV-3 

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (13).JPG

『KNA-300EX』ETC/ステアリングリモコン対応ケーブルも同時取付いたします

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (9).JPG

アンテナ類をウインドウ上部に施工します

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (10).JPG

完成です

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (16).JPG

バックカメラもこのような感じです

T_FJcrueser_vavi&cam&woofer (17).JPG

 

ブログ記事検索

loading...
ページ上部へ

SERVICE WORKS

SEARCH