2024年02月03日

200系ハイエース 7型 オムニビュー アラウンドビューモニター 東京都大田区 出張取付

今回のご紹介は200系ハイエースにアラウンドビューモニター(アラウンドビューカメラ)の取付です、東京都大田区へ出張取付にお伺いいたしました

韓国製の様ですが360°OMNIVUE (オムニビュー)と言う商品が信頼が有りそうです https://earthshop.info/SHOP/001_2.html

内容としては前後左右にカメラを付けてコントロールユニットに集合させ合成された映像を既に付けられている社外ナビに入力するという仕組みです

この映像は純正のデジタルインナーミラーでバックギアを入れると左側にワイプでバックカメラ映像が出る仕組みです、このバックカメラ映像は既に取付済みの社外ナビにも映し出されます

本題に入ります、まずはリアカメラから開始 純正カメラはもう要らないとの事で差し替えようとしたのですが構造上オムニビューのカメラとは入れ替えられないようなのでリアガーニッシュに取り付けます

続いてフロントカメラですハイエースはバンパー脱着は必須です

フロントカメラのブラケットは汎用の為取り付けにはかなり悩みました、加工して何とか取り付けます

続いてサイドカメラに掛かります、今回これが一番厄介です何しろミラーの分解が大変ですドライヤーで温めながら作業します

ミラーのアウターカバーに半埋込で取り付けますが角度の指示が有り絶対に間違えられないので何度も確認しながら穴を開けます

型紙の→の方向が肝心です

勿論左右やるわけですが、型紙を合わせてもどうも左右で違って見える・・・???

左右のミラーを比べてみました、今まで気が付かなかったのですが左右のミラーって根元の部分の角度や長さが若干違うんですね?

まあ確かに運転席側と助手席側との画角の差が生まれるので考えてみれば当然ですね、という事は輸出仕様の左ハンドル車の場合はこれが逆になるってことですね

左右のカメラの取付が出来たらカメラ線をドア内側へ引き込み、いよいよフロントカメラも併せて3線を室内に引き込みます

因みに通常の車と異なりハイエースはサイドカメラの配線はドアから直接室内へはフロントの

パネルからでなければ室内へは引けません

 

フロントパネルのここから引き込みます

フロントカメラはこのような感じです

サイドカメラ

リアカメラ

 

私の仕事はここで完成です、ここから商品を販売した会社に持っていき『キャリブレーション』と言うカメラ画像の整合性を合わせる作業が必要なのでそれをおこなってもらいます

画角の切り替えをするスイッチをステアリング脇に設置しました

 

 

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

ROVER New DIFENDER 110 リアゲートソフトクローザー リアゲートスイッチ 横浜市綾瀬市 出張取付

今回のご紹介はROVER DIFENDER 110(ローバー ディフェンダー110)へリアゲートソフトクローザー、リアゲートスイッチ、レーダー、デジタルインナーミラー型ドライブレコーダーの取付です

綾瀬市の磨き屋プログレッシブ様からの請負い作業となります

 

レーダーはCellstar AR-48LA

リアゲートがゆっくり閉まるようになる部品 リアゲートソフトクローザー:reargate-soft-closer-tailgate

リアゲートを室内側からオープンできる部品 リアゲートスイッチ:rear-gate-switch

デジタルインナーミラー型ドライブレコーダーはALPINEのDVR-DV1000A-IC

デジタルインナーミラー型ドライブレコーダーを純正ミラーと交換する為の脚となります

まずはデジタルインナーミラー型ドライブレコーダーのリアカメラからです、New ディフェンダーは現時点で4台ほど実績が有りますが残念ながら構造上このお車はリアゲート側にリアカメラを設置できません、やろうと思えばできるのですが穴あけをしなければならず構造上ガラスと近すぎて非常にリスクが高くお断りしております

その為リアゲートを開いた車体側のルーフに貼り付けます

少々格好が悪いですが…仕方ありません

続いて純正ミラーを外してALPINEと入れ替えます

このボールジョイント外し方が分からず無理に抜けるとは思えず、販売先に問い合わせしたところてこの原理で抜けますとの事

しかしこれだけではなく鏡面部を剥さないとボールジョイントから伸びているケーブルが抜けません

この鏡面も割れそうで怖くてアドバイスを貰いました

純正の脚が合体出来ました

収まり良いですね

フロントカメラ設置

完成です

レーダーも完了

いよいよ実績のないソフトクローザーとスイッチの施工です、実績が無いと言っても先日upしたレクサスのサイドドアで同じような原理の物は付けましたが今回の商品は実は純正品だそうでグレードによっては元々ついているそうです、ラッチの入替とモーターを新たに組み込むのがおおよその内容です

真ん中の3つの穴にモーターを付けます

こちらは同時進行で進めるオープンスイッチです

純正のハーネスに配線を間違えずに組み替える必要があります

主電源を取る為ヒンジ部蛇腹ホースを介して室内側へ引き込みます、これが予想以上に厄介でした

ラゲッジルームにヒューズボックスが有るのでこの点は楽でした

 

ポルシェ911 991型 カーナビ、デジタルインナーミラー型ドライブレコーダー、ETC入れ替え 東京都足立区 出張取付

今回のご紹介はポルシェ911 991型となります、純正クラリオンナビから社外ナビ、デジタルインナーミラー型ドライブレコーダー、ETC入れ替えの作業で東京都足立区へ出張取付にお伺いいたしました

こちらの純正クラリオンナビから入れ替えます

取り付けるナビはKENWOODのMDV-M809HD

ETCも連動タイプのETC-N3000、デジタルインナーミラー型ドライブレコーダーはALPINEのDVR-DM1000B-IC

純正のクラリオンカメラが付いている場合はデータシステム社製のカメラアダプターRCA004Hを使ってRCA形状に変換します、元々はホンダ車用ですがクラリオンナビも共通です

今回KENWOODのナビの為カメラコネクターを更にKENWOOD専用形状に変換する為CA-C100が必要になります

つまりクラリオン専用形状から→一般のRCA形状→KENWOOD専用形状へと2回変換します

また991はフロントトランクに純正別体アンプがありそこから各スピーカーを鳴らしています

その為KENWOODのアンプ出力から純正アンプへの組替をする為オプションのKNA-17AVをご用意いただきました

 

純正クラリオンナビ背面です

配線の割り出し、組替作業を行います

地デジアンテナ線、GPSアンテナを施工、マイクはクラリオンのサイズと合うためそのまま使いました、ステアリングコラムに隠されているので見栄えが良いです

同時進行でデジタルインナーミラー型ドライブレコーダーも設置

ETC入替でグローブBOX内にある純正のブラケットをやや無理やり気味に再使用して取り付けました

ラジオアンテナの変換は専用形状のケースと初めからJASOの場合の2種類があり開けて見なければ分からないことが有り作業当日販売させて頂いております

完成です

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

ミニ F55 地デジチューナー、DVDチェンジャー、オンダッシュモニター 横浜市都筑区 出張取付

今回のご紹介はリピーターのS様からのご依頼でミニF55へ地デジチューナー、DVDチェンジャー、オンダッシュモニターの取付で横浜市都筑区へ出張取付にお伺いいたしました

5~6年前に前車のミニF55にこれらを当方で取り付けておりました、今回2024年モデルに乗り換えという事で全て載せ替え作業となりました、前車からは昨年末に取り外しだけの作業を完了しておりました

DVDチェンジャーはALPINEのDHA-S690

地デジチューナーはカロッツェリアのGEX-909DTV フォルムアンテナ、アンテナ線だけは使いまわしは出来ませんので新品をご用意いただきました

前車のF55は音声入力がAUXがアナログのイヤホンジャック形状でしたが進化してUSBとなっておりました

その為AUXをUSBに変換するFAU-01をご用意いただきました

モニターの配線はダッシュボード中央のグリルに少々加工して引き出します

外し方備忘録写真となります、この穴に細い棒を挿して引き上げます

 

グローブBOXを外し配線の取り回しを致します

  

DVD、地デジのリモコン受光部をUSBの音声入力と同じ場所に設置致します

地デジアンテナをAピラー沿いに這わせます

オンダッシュモニター線を引き出したところです

 

今回写真に残っておりませんがDVDと地デジの音声、映像の切り替えはデータシステム社のAVセレクターのAVS430Ⅱを使用して切り替えますこれも前車からの移設ですhttps://www.datasystem.co.jp/products/avs430-2/index.html

DVDチェンジャーは特に加工なくグローブBOX内に設置致します

オンダッシュモニターのブラケットはお客様のこだわりでダッシュボードよりも下がって設置されるようなスタイルです

完成です

 

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

ポルシェ911 996型 カーナビ、バックカメラ、前後ドライブレコーダー 東京都町田市 出張取付

今回のご紹介はポルシェ911 996型へ純正オーディオから社外ナビ、バックカメラ、前後ドライブレコーダーの取付です 東京都町田市へ出張取付にお伺いいたしました

真っ赤な996型はあまり見たことが無く新鮮で格好良かったです

純正オーディオままの個体も割と目辛いしいのではないでしょうか

フロントトランクに純正アンプ、CDチェンジャーが備わっています

まずはバックカメラ作業でクウォーターパネル内装を脱着します

バックカメラはナンバー灯脇に切り欠きを入れて引き出します

同時進行で前後型ドライブレコーダーのリアカメラも施工

続いて今回2DINナビ化する為に全て一度撤去します

参考写真として純正オーディオの裏面です

デッキ上面にある純正オーディオピンアサインです

996型は前期と後期でアンプバイパスのやり方が異なります、後期はアンプへの信号線が光ファイバー線の為、フロントトランク内純正アンプ撤去してスピーカー線の引き直しを致します

   

ドライブレコーダー本体を設置

完成です

 

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

メルセデスベンツ W212 Eクラス フロントスピーカー交換 東京都小金井市 出張取付

今回のご紹介はメルセデスベンツW212 Eクラスにフロントセパレートスピーカー取付のご紹介です、東京都小金井市 へ出張取付にお伺いいたしました

まずはドア内張を剥して純正スピーカーを外します

スピーカーはJBLのGTO 609Cとなります

 

お見積りの時点で承知しておりましたがクロスオーバーネットワークが比較的大きくドア側には設置が出来ない可能性が有りました、そうなるとクロスオーバーネットワークを室内側に設置せざるを得ない為、別途スピーカー線をご用意いただきドア側と室内側を行き来させなければなりません

あと専用のインナーバッフルは必須となりますのでご注意ください

まずはインナーバッフル取付

周りにご用意いただいた簡易的な防振材を施工

クロスオーバーネットワークはやはりドア側には設置が出来ないので室内側に設置

助手席側足元に埋め込みました

ウーハー部が完了

ツイーターは純正位置にホットボンド加工取付でうまく付きました

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

メルセデス W219 CLS アンドロイドナビ 東京都江東区 出張取付

本日のご紹介はメルセデスベンツ W219 CLSに純正ナビからアンドロイドナビへの取付作業です、東京都江東区へ出張取付にお伺いいたしました

こちらの純正ナビから差し替えます

こちらがアンドロイドナビとなります専用品の為外形的にはそのまま取付可能です

但し注意が必要で、今回お客様からは具体的にどのような商品を付けるのか?具体的な商品URLを送ってい頂き確認したところ(Amazon商品で現在はリンクが切れてしまっています)、本国仕様、日本で言えば並行輸入車にはそのまま付けられる仕様で電気的には正規ディーラー車にそのままでは取り付けが出来ません、これは経験がある職人さんであれば一目瞭然なのですが経験ない人、素人さんであれば尚の事気が付かないと思います

W219はベースがW211(Eクラス)と同じで前期モデルはナビの中枢やアンプなどがトランク内に設置されていますその為トランク内のアンプからバイパス配線作業が必要となる為別途に一般的なナビを付ける為の取り付けキットを購入していただく必要があります

お客さまには以下の物をご用意していただきましたhttps://amzn.asia/d/e3OJ0Fg

CANバスアダプターも同梱された物となります

こちらはリアの純正アンプからオーディオ裏まで這わす延長スピーカーケーブル、ラジオアンテナ延長コードとなります

こちらはCANバスアダプター

こちらはフェイスパネルとなりますが今回はパネル一体式のアンドロイドナビなので使用しません

こちらはアンドロイドナビについていたメイン電源カプラーです

上の写真のメイン電源カプラーの黒いカプラー部分はこのお車では使いようが無いのでカットして必要な部分だけにします

ラゲッジルーム左奥にある純正のアンプを取り外します、しかしこれを外すのは非常に大変で慣れていてもものすごく時間が掛かります

この裏に取り付けられていました、アンプに挿しこまれていたコネクターと取り付けキットの延長ケーブルを接続して室内オーディオコンソール内に引き回します

オーディオコンソールまでたどり着きました

アンドロイドナビのGPSアンテナやマイクなどを施工していきます

完成です

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

ABARTH 595 (アバルト 595)カーナビ バックカメラ フォグランプLED 八王子市 出張取付

本日のご紹介はABARTH (アバルト)595へカーナビ、バックカメラ、ETC、フォグLED交換で八王子市へ出張取付にお伺いいたしました

ナビはカロッツェリアのAVIC-CL910-DC 8インチモデルとなります

ETCは連動タイプのND-ETCS1

バックカメラはND-BC8Ⅱ

専用の8インチ化キットを使用します、お客様がご用意されたため詳しいメーカーなどは不明ですが調べると以下のサイトがヒットします https://diverti.jp/products/list?category_id=9&name=%E3%83%8A%E3%83%93%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

まずはバックカメラを取り付けから開始です

ナビ取付は要加工となります

地デジアンテナ、GPS、マイク等の設置

純正のUSBとも再接続致しました

暗く見ずらいですが完成です

バックカメラ映像です

ETCはグローブBOXへ設置致しました

 

続いてフォグランプへLEDの取付です

フォグのLEDキットです

ヘッドライトは純正HIDなのでバーナー交換ですD1C 6000K

フォグ作業にはキャンセラーも必要の様でメタルクラットが用意されていました

バンパー脱着しての作業です

フォグASSYを脱着して多少加工しての取付でした、点灯写真を撮りわすれてしまいましたが完了です

カーナビ、ドライブレコーダーなど電装パーツの商品持込、出張取り付けなら是非サンライズガレージへ、東京、神奈川他、関東全域へ出張取付にお伺いいたします

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829